■華桜戦記③■

■華桜戦記画像倉庫③/気まぐれに更新されます■

■画像置き場/華桜戦記の第3倉庫です。 こちらは絶チルオンリーのつもりですが 時折夢主とか夢少年とかが描かれます。 管理人さんは真木さんラブです。 よろしければリンク先の創作漫画の方も見ていただけると幸いです

■大人の男を語るなら・・・・・・・■

f:id:carbon460311:20200416201322j:plain

藤原啓治は一度は通る道である・・・・・(と私は思いたい。

・・・・・・・・・・・マジかよ・・・・・・・・今は真木真木前面に出してるけどさ・・・・・・・多感な時期だった学生時代の初恋がこの人だったのよ。

 

・・・・・・・・・キャラもだけれども今の私の核心にいるのが藤原さんだったと思う。ごめんなさいカラーにできる気持ちはなかった・・・・・・・・ただここは真木部屋だとわかってはいるが描かずにはいられなかった・・・・・・。

 

私を真木ちゃん好きにしてくれた・・・いや大人男性にはまる核心にいたであろう藤原さん・・しばらくアニメ視聴から離れて昔からサンデーっ子だったので真木と出会って今があるんですけれども・・・・・・今でも好きだよ初恋だったよ。

 

どうしてもそれだけは言わずにはいられなかった・・・・・・・・・・・・本当に多感な学生時代だったので・・・その頃は今ほどアニメ好きを主張できる世の中でもなかったしましてやロボットアニメだから今でこそ名作だと自信もって言いますが女子の友達には仲間はおらず一人でむつむつと文通とかで愛を語っていた・・・・・・・・・・あの頃。文通相手は当時のアニメディアさんでみつけました。えぇもう猫耳をつけて”にゃーばいん”とかいっていじったりもした。その後も藤原さんの演ずるキャラを好きになっていきました。でもそれはやっぱり真木さんみたいな心の支えというより憧れの男性像・・・みたいな感じのものだったような気がします。真木さんは心の伴侶。もう私の中で決まってます。それと比べれば藤原さんは私の中でのアイドル的な存在でした。可愛らしい言動も何度かクチコミ時代に好きだと語った気がします。

 

なんかもう自分でも何を語っているのかよく分からなくなってきたのですが・・・・・・・・・・・・・藤原さんは大人の男を語るなら通る道だと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・そんな素敵な男性像を私の中に持っていらっしゃっておりました。・・・・えぇこれじゃぁまるで藤原さんが亡くなったみたいな書き方になってますね。えぇ・・・亡くなったんですよ。私の中では不滅でいてほしい・・・・・・・・・・・・ずっとずっと大好きです(泣><;